アンテナ修理の前に知っておきたいポイントと失敗しないために注意することまとめ

このサイトでは、アンテナ修理を行う前に知っておきたいポイントや失敗しないための注意点を紹介しています。
屋根やベランダなど屋外に設置されているアンテナですが、強風が原因で倒れたりアンテナ線が切れたりなどのトラブルに見舞われることがあります。
修理する場合の工事費用はどのくらい必要なのか、どこに依頼すればいいのかなど頻繁におこるトラブルではないので困惑してしまいがちですが、事前に知識を持っておくことで判断に迷うことが少なくなります。

アンテナ修理の前に知っておきたいポイントと失敗しないために注意することまとめ

アンテナ修理は自分で解決できる場合もありますが、頻繁におこるものではないので業者に依頼するという人も多くいるでしょう。
相場はおよそ4~5万円となっており、相談先として専門のアンテナ業者か家電量販店に依頼するという選択肢があります。
どれくらいの修理が必要なのかが費用を決めるポイントで、もしアンテナ本体に異常がなければ軽度の修理で済む可能性がありますし、アンテナ本体が故障していれば交換が必要になり費用が高くなります。
しかし技術や知識のあるアンテナ業者であれば相場より安く済む場合がありますので、アンテナ修理を行う際は比較して検討することをおすすめします。

災害によってアンテナ修理が必要になった時の優先順位

災害でアンテナ修理が必要になったらまずは火災保険の補償内容を確認しましょう。
この作業が優先順位としては一番になります。
なぜかと言うと補償されるケースがあるからです。
ただし免責があり、金額がある一定以上じゃないと適用されない場合があります。
次に行うべきは、修理業者の見積もりです。
補償内容を念頭に費用を確認しましょう。
免責以下で全額払うのと補償された後で差額を払うのとで同じであれば、内容の充実している方がいいはずです。
アンテナ修理にも交換や調整、固定方法とアフターメンテナンスなど各社にさまざまな特徴があります。
それを払える範囲で比較して納得できるところに頼んだ方が安心です。
特にアフターメンテナンスが充実している方が良いでしょう。
設置後に映らなくなった場合でも、メンテナンスで対応可能かもしれません。
最後は保険の請求作業です。
契約者本人が直接請求する必要があるので、工事業者が対応してくれるわけではないので注意が必要です。

アンテナ修理を自力で行う前に知っておきたいアンテナ工事の基本

テレビ用のアンテナ修理をする際には、自力で行うことを検討している方であれば、アンテナ工事の基本となる作業工程を理解しておくことは最低限必要です。
破損したアンテナであれば新品へと交換する方法で長持ちさせることができ、素人の場合は修理方法が分からない場合でも、交換であれば問題になることはありません。
知っておきたい作業工程にはベースを屋根の上に設置する方法になり、本体を固定する金具をネジで屋根材に打ち込む作業になりますが、普通の電動ドライバーではなくインパクトドライバーがあればコンクリートであっても簡単に穴開けを行えます。
アンカーを穴に打ち込んだ状態でネジ固定をする方法なので、この段階で苦労することは少ない傾向にあります。
穴を開けた箇所には必ずシーリング打ちを行うことは必須となり、怠ってしまうと天井からの雨漏りが起きてしまうのでかなり重要な作業になります。
次にアンテナ工事ではワイヤーを使って最低でも3方向に張る作業も行います。
この場合はフック式の金具を屋根に固定をした上で、ワイヤーを適切な力加減で張り巡らせると強風に強いアンテナ固定を済ませられます。
後は分配機を設置してケーブルを屋内側へと引き込むのですが、最適な位置に引き込む経路が無いという場合は外壁に穴を開けて引き込む方法と、換気口や換気扇、エアコンを利用して隙間から引き込む方法で自力でも施工は不可能ではありません。

アンテナ工事を依頼するアンテナ修理業者の選び方

アンテナ工事業者は、信頼できるところを選んだほうが良いです。
料金のみで選んでしまうと、施工不良などのトラブルに発展する可能性があります。
したがって、工事実績や保証対応の充実度、問題を起こしてないかなどを考慮して選ぶと良いです。
近年、ネットで集客するアンテナ工事業者も増えていますが、このタイプは安さを前面に押し出していることが多くなっています。
そのため、安さを重視したい場合はこちらの中から選ぶと良いでしょう。
安い理由は、直接自社で集客を行っているからです。
ホームセンター等に依頼した場合、実際に工事をするのは外注する下請けの会社となり、中間マージンが発生します。
直接の場合はそれがないので、きちんとした工事でも安くなります。
もちろん、最終的な信頼性を無視して選ぶことはできません。
安くても質の高い工事をしているかどうか、施工事例や口コミなどを参照して、ここなら良いと思えるところを慎重に選ぶのが得策です。

アンテナ取り付けはプロのアンテナ修理業者にまかせるべき

テレビを快適に視聴するためには、適切なアンテナ取り付けが欠かせないものです。
地上波デジタル放送を受信するためのUHFアンテナやBS放送・CS放送の視聴に必要なパラボラアンテナなど様々な種類があり、それぞれのアンテナ取り付けには専門的な知識と技術が求められることから、やはり正解はそれらの取り扱いに長けている「プロ」に依頼をすることでしょう。
2階の屋根の上や壁面など、比較的高い場所で行われるアンテナ取り付け工事は、一般の方にとってはとても危険で難易度の高いものです。
破損をしているから様子を見てみたいというケースや、古くなって交換を検討しているケースでも、必ず専門の会社に連絡をしてください。
安易にアンテナ取り付け工事をご自身で行うと、思わぬ怪我など事故の原因となります。
プロであれば、安全で確実性の高い工事をスムーズに進めていくことができますから、インターネットで取り扱っている業者を選んで、すみやかに連絡をすることがおすすめです。

著者:今村誠一

筆者プロフィール

埼玉県越谷市生まれ。
今年自宅のアンテナ修理を経験。
自分の体験をもとにアンテナ修理のポイントをまとめました。
アンテナ修理を埼玉で依頼するならこちら